看護師が選択できる病院以外の職場

看護師が選択できる病院以外の職場

看護師が働く職場といえば、病院というイメージが強いかもしれません。ですが、実に様々な職場で求められています。看護師という資格は国家資格でもあるため、これが活かせられる職場を選びましょう。

例えば、保険関係の職場や福祉現場でも看護師が求められています。幼稚園や保育園で働く方も多いようです。病院とは違った雰囲気も魅力ですよね。

特に、小さなこどもが好きという方にとっては楽しく働ける職場だといえるのではないでしょうか。病院で働いていたものの、幼稚園や保育園に転職したという方の中には夜勤がないということを大きなメリットだと感じている方も多いようです。

幼稚園や保育園では昼間の仕事となるため、夜勤ができないという方もこちらを検討してみると良いでしょう。それから、福祉施設でも看護師が求められています。

女性の支えになる仕事をしたいと思っているのであれば、助産師を目指すのも良いでしょう。助産師になるためには助産師の養成機関で勉強しなければなりません。さらに、国家試験を受けて合格できれば助産師として働くことが可能です。

現在の日本では、女性にしか認められていない特別な資格ともいえるので、看護師よりもワンランク上の資格取得を目指しているという方にも助産師がおすすめだといえます。

それから、さらなるスキルアップとして保健師を目指す方もいるようです。行政保健師や産業保健師、学校保健師など様々な働き方があります。

こちらの場合も、看護師資格のみではなく保健師の資格も取得する必要があるのですが、非常に重要が高く、魅力的な求人情報も多いので、気になっている方は求人情報をチェックしてみましょう。

それから、企業でも看護師が求められています。一般的には保健室に配属される形になり、従業員の健康管理などを担当することになるでしょう。

ただ、企業で働く場合にはパソコンのスキルやプレゼンテーション能力を求められることもあるため、ベテランの看護師であれば必ずしもすぐに活躍できるわけではありません。

自分がどのような職場でどのように活躍していきたいのか考えた上で職場探しをしてみると良いでしょう。

↑ PAGE TOP