看護師の育児と仕事の両立

看護師の育児と仕事の両立

出産をして子育てが始まると看護師の仕事を続けていくべきか悩む時が来ると思います。育児と仕事が両立できるのかどうか不安になってしまいますよね。出産後も看護師を続けていきたいと考えたときにまず最初に知っておいた方がいいのは育児休暇、育休です。

育休は育児・介護休業法という法律で定められている制度です。現在勤務している病院やクリニックに育休を申請することができます。この申請を病院やクリニックは拒否をすることはできません。出産後は子供が1歳になるまで育休を取得することができます。

また、育児・介護休業法では子供が3歳になるまで取得できる「短時間勤務」や「所定外労働(残業)の免除」など様々な制度が定められています。

しかし、このような制度を病院やクリニックによっては申請しにくい雰囲気の職場もあると思います。子育てと仕事を両立するための支援システムもあります。病院やクリニックが設置、運営している院内保育所です。

これは、看護師の職場である医療機関が託児施設を設けているもので、勤務時間中だけではなく研修期間中でも保育をしてくれるなどママさんナースを支援してくれています。

産休明けや育休明けの看護師に対してブランクがあっても復職がスムーズにできるように講習会を実施したり、時短勤務を積極的に取り入れている病院もあります。

そのような病院は子育て中のママさんナースが多く働いていますので、子供に何かあったときの早退や遅刻、急な休みなどにも理解があり、助けてくれるのでママさんナースでも働きやすい環境が整っているといえます。 では、常勤看護師とパートの看護師とではどちらの方がメリットがあるのでしょうか。

それは各家庭の環境によって違ってくると思いますが、給料面や長く働くということを考えると常勤看護師の方がいいのですが、時間を有効に使いたいのであればパートで働いた方がメリットがあるかもしれません。 子育てをしながら働ける環境の職場を見つけることが両立の第一歩なのかもしれませんね。

↑ PAGE TOP