看護師のなり方と仕事内容

看護師のなり方と仕事内容

私たちの中の多くの人は少なくとも一度は病院に行ってことあるでしょうし、その中でも看護師という職業には慣れ親しんでいると思います。 しかし、いざ看護師になりたいと思った時、そのなり方や仕事内容など意外と知らないこと人が多いのも事実です。 そこで、看護師について詳しく紹介していくことにします。

まず看護師になるためには、看護に関する教育を受ける必要があります。その下で国家試験の受験資格が与えられ、 当然のことながらその試験に合格して、一人前の看護師となることができます。

准看護師などを経ないで直接看護師になるには、看護大学や看護短大、看護専門学校などに通って、国家試験の受験資格を得る必要があります。 しかし、看護師の国家試験の合格率は例年90パーセント前後となっており他の国家試験と比べるとそれほど 難易度は高くはありません。

仕事内容は、医師の補助をはじめ点滴や注射、検温また排泄の手伝いから入浴の補助まで様々です。 普段病院に行く際は、それほどハードな印象はないかもしれませんが、看護師の業務の中には今までご紹介した通り力仕事もあり肉体的にも大変ですし、患者さんのクレームなどが多い時は、寝不足など身体的な疲労と相まって、非常に精神的にも困ぱいしてしまう人もいます。

しかしながら、それらの困難を経ながらも、患者さんとの信頼関係を気付くことができれば、非日常で不安になってしまいがちな病院という空間や闘病生活において患者さんに安心感を与えることができます。

また高齢化などにより今後、病院での人手が不足することも考えられ、将来的にもある一定数の需要は確実にあると予想されます。 また、慢性的な人手不足などにより、転職なども比較的しやすいです。

しかし、命に関わる仕事であるため、患者さんやその家族とのコミュニケーションなど人との関わりや責任感の強さも大切です。 自分の適性をよく考えて、こんご看護師になるつもりの方は、それなりの覚悟が必要であることは間違いありません。

↑ PAGE TOP