クリニック看護師:メリット・デメリット

クリニック看護師:メリット・デメリット

看護学校や看護大学を卒業して看護師資格を取ると、最初は大きな病院の病棟で働くケースが多いでしょう。 しかし、年月が経つと、今の病院とは何となく合わない、結婚して夫の転勤についていかなければならない、出産して夜勤は難しい等々、看護師一人ひとりを取り巻く環境や考え方に変化が出てきます。

そうなると、「転職」の二文字が頭をよぎることもあるのではないでしょうか。 そこで、患者の立場でも、看護師の立場から見ても、私たちの身近な存在であるといえるクリニックについて、どんな職場なのか見ていきましょう。 クリニックは、医療法によると「無床あるいは19床以下」の医療機関のことをいいます。

つまり、入院設備がないか、あってもベッドの数が19以下の、比較的小さな医療機関のことを指します。 クリニックの看護師は、診療科目にもよりますが、診察への立ち会いや採血などの検査・点滴などが主な仕事になります。

大きな病院と違い、器具の消毒や掃除などを一手に担ってくれるスタッフがいない場合が多いため、看護師がその役割も負わなければならないでしょう。 小規模である分、看護師の人数も少ないため、テキパキと色々なことに対応できる能力が求められます。

患者さんとして来院する人は地元の方が中心で、長く勤めれば顔も名前もお互い覚えてしまうくらいの存在になります。普段からよく知っていることで、状態に変化があったときなどに対応しやすいという面もあり、看護師として長期的に関わることができることは、やりがいにもつながるでしょう。

無床のクリニックでは、夜勤がありません。 ただ、小規模な医療機関であるため、急な休みを取ることは難しいでしょう。 お子さんの体調不良などの突発的な事態に対応できるよう、協力してくれる人を見つけておくことが、勤務を続けていく上で重要となります。

また、午前の診察と夕方からの診察に分かれているクリニックが多いため、自分の都合に合わせて午前だけ働いたり、夕方の診察が始まるまで自宅に帰ったりすることもできます。 子育て中の看護師や、プライベートを重視したい看護師にとっては、転職先としてクリニックを考えてみるのもいいのではないでしょうか。

↑ PAGE TOP